なまり
なまり

長年、何かを行う度に思い出していたこの文章を、今回どのように「表現」できるかと考えたとき、壁に直接本そのままの形態を写し取りたいと思った。しかし、会場の条件で直接は難しいため、白いパネルを作り壁の変わりとした。実際に写し取ってみると、プロジェクター本体の機能と、長時間にわたる作業による身体的な理由で、パソコンの文字でも、書き写す人の文字でもない文字が現れた。

寺田寅彦全集 第二巻 著者・寺田寅彦
2009年 岩波書店

撮影:小岩勉